ホーム > 樂美術館 > 展覧会案内

樂美術館

開館40周年 秋期特別展
「光悦考」
会 期:平成30年9月2日(日)~12月9日(日)

本阿弥光悦は元和元年(1615)京都・鷹峯の地を拝領、その地で茶の湯、書、陶芸など、数寄風流の世界を逍遙します。中でも光悦の制作した樂茶碗は、樂家二代常慶、三代道入との交流の中で生まれ、それらは樂家の窯で焼成されました。本展は、永きにわたって光悦の芸術、作陶を考え続けてきた十五代樂吉左衞門の監修により、光悦茶碗を中心に、常慶や道入などの関連作品も含めて展示致します。吉左衞門が、3年がかりで書き下ろした『光悦考』(本年2月刊行)での論考・論旨をもとに、温めてきた光悦への熱い思いや、光悦茶碗の新たな視点が浮かび上がる展覧会です。

* 会期中にギャラリートークの開催を予定しております。

休 館 日 月曜日(祝日は開館)
料  金 大人1000円  大学生800円  高校生400円  中学生以下無料
ページトップへ