ホーム > 樂美術館 > 展覧会案内

樂美術館

春期特別展 茶碗の結ぶ「縁」
2017年3月4日(土)~6月25日(日)

千家と樂家、今日まで続く「縁」は、千利休が樂家初代・長次郎にもたらしたことによります。全ては、その1つの出会いから始まりました。
利休切腹の後、千家だけではなく本阿弥光悦との出会いも樂家にとって、大きなものとなります。封建君主の御用窯でない樂家は、樂家随一の名工とも言われる3代道入をもってしても「当代は先代より不如意の様子也」(不如意=家計が苦しい)、と貧窮していた様子が『本阿弥行状記』に記されています。
本阿弥光悦は、徳川将軍家や前田家などの有力大名を引き合わせるなど、樂家にとって大きな助けとなりました。また、宗教=法華、日蓮宗との繋がりの中で光悦と樂家は信仰を同じくして、「縁」を深めたようです。
様々な「縁」により現在の樂家があります。今後もまだまだ多くの「縁」により樂家は助けられることでしょう。その「縁」に感謝すると同時に、これからの移りゆく時代の中、「縁」を大切に樂家は真摯に歩み続けます。
本展では、千家お家元の手造茶碗から、15代吉左衞門の友人・萩焼15代坂倉新兵衛氏など、樂家における様々な「縁」ある作品を紹介。これらをさらなる「縁」として、多くの皆様との「縁」を繋げていく展覧会でございます。

休 館 日 月曜日(祝日は開館)
料  金 大人1000円 大学生800円 高校生400円 中学生以下無料
ページトップへ